マッカラン12年

マッカランは「シングルモルトのロールスロイス」って呼ばれてるんです。

1995年のウイスキーブームで極端に味落ちしましたが、
ここ数年、ようやく美味しく飲めるようになってきましたね。

今日は、マッカランを久々に飲みました。
通常、スコッチウイスキーの多くは、アメリカ産のホワイトオーク樽
作られますが、マッカランだけは唯一、昔から一貫して
「スペイン産のホワイトオーク樽(新樽)」のみを使用し続けていて、
そこに、ドライ・オロロソ(オロロッソ)っていうシェリー酒を
熟成後の空き樽のみを使っているんです。

そうやって、シェリー樽で熟成させるから、あのシェリー独特の色合いと風味、
そして、味になっているんですね。このマッカランの徹底ぶりはさすがです。

マッカランの奥深さ・・・まだまだ私にはワッカラン・・・なんつって(笑)
そんな私のグラス、カラッカラン♪だって・・・

まさかのダジャレ連発オチで。
ではでは。

2010年7月29日 11:32 AM | カテゴリー:ウイスキー, ブログ

コメントをどうぞ。





カテゴリー

参考文献/WEBサイト

お気に入りリンク

アーカイブ

タグクラウド

SUNTORY Twitter whisky ういすきー うどん アイラ アイラモルト アメリカ アルコール ウイスキー グレーンウイスキー サントリー シングルモルト スコッチ スコットランド スペイサイド トリス ハイボール バランタイン バーボン バーボン樽 ビール ピート フロアモルティング ブログ ベンネヴィス ポットスチル モルト モルトウイスキー ラガヴーリン ラフロイグ ワイン 居酒屋 山崎 熟成 瓶詰め 発酵 福岡 糖化 風味 香り 香椎 麦芽