トマーチン 【TOMATIN】

ゲール語で「ネズの木の茂る丘」という意味を持つトマーチン。
歴史は15世紀までさかのぼり、密造酒が造られていたところから始まる。
標高310メートルという立地は、ブレイヴァル、ダルウィニー、トミントールに
次いで4番目に標高の高い蒸留所である。

順調に生産を続けていたが、二度の世界大戦で打撃を受け、
1956年は2基しかなかったスチルだが、74年には23基にまで増設。
しかし、80年代に入り不況の煽りを受け倒産するも、宝酒造と大倉商事の
ベンチャー企業が、スコットランドにおいて日本企業による買収(所有)した初めての蒸留所となった。

もともとブレンデッド用に使われてきたトマーチンたが、2004年以降、12年、15年、18年、25年など、
様々なボトリングが販売され、今後も目が離せないブランドのひとつである。

2010年10月19日 2:09 AM | カテゴリー:スコッチウイスキー, ハイランドモルト

11 / 11« 先頭...7891011

カテゴリー

参考文献/WEBサイト

お気に入りリンク

アーカイブ

タグクラウド

SUNTORY Twitter whisky ういすきー うどん アイラ アイラモルト アメリカ アルコール ウイスキー グレーンウイスキー サントリー シングルモルト スコッチ スコットランド スペイサイド トリス ハイボール バランタイン バーボン バーボン樽 ビール ピート フロアモルティング ブログ ベンネヴィス ポットスチル モルト モルトウイスキー ラガヴーリン ラフロイグ ワイン 居酒屋 山崎 熟成 瓶詰め 発酵 福岡 糖化 風味 香り 香椎 麦芽