グレンガイル 【GLENGYLE】

スプリングバンク所有の蒸留所「グレンガイル」も、
キャンベルタウンの全盛期を知っている数少ない蒸留所のひとつ。
1925年に一度閉鎖されたが、80年後、2004年12月にに復活。

スチルもモルトミル(麦芽粉砕機)も中古品を使用している。
仕込みに使う麦芽や水、フェノール値まで、スプリングバンクと
全く同じだが、2.5回蒸留のスプリングバンクに比べ、
グレンガイルは普通に2回蒸留で造られている。

また、「グレンガイル」というブランド名は、グレンスコシアで登録されているため、「キルケラン」という
ネーミングで流通している。ちなみに、この名前の由来は、キャンベルタウンの旧名で、地元の聖人から
「セント・ケアランの協会」となったそうだ。

[コメントノート]

種類:シングルモルト・ウイスキー
地域:キャンベルタウン【地図はコチラ
設立:1872年
現所有者:J&A・ミッチェル社
[テイスティング]
香り:Just a moment please♪(;^ω^)
味:同じく(;^ω^)ゴメンサイネー

2010年10月19日 8:32 AM | カテゴリー:キャンベルタウンモルト, スコッチウイスキー

コメントをどうぞ。





カテゴリー

参考文献/WEBサイト

お気に入りリンク

アーカイブ

タグクラウド

SUNTORY Twitter whisky ういすきー うどん アイラ アイラモルト アメリカ アルコール ウイスキー グレーンウイスキー サントリー シングルモルト スコッチ スコットランド スペイサイド トリス ハイボール バランタイン バーボン バーボン樽 ビール ピート フロアモルティング ブログ ベンネヴィス ポットスチル モルト モルトウイスキー ラガヴーリン ラフロイグ ワイン 居酒屋 山崎 熟成 瓶詰め 発酵 福岡 糖化 風味 香り 香椎 麦芽