アードベッグ 【ARDBEG】

◆ゲール語で「小さな丘」「小さな岬」という意味を持つアードベッグ。
比較的小さな蒸留所で、年間生産量は100万リットルは、
キルホーマンに次いで小さい。

1997年にグレンモーレンジの傘下に入り、
フロアモルティング部門以外が、操業を再開。

生産量の75%は自社用だが、残りの25%は、シーバスやバランタインの
原酒として使われている。アイラ島の南海岸にある、最もクラッシックで、
ピート香やスモーキーフレーバーが強く、モルト通に人気の銘柄のひとつだ。

[コメントノート]

種類:シングルモルト・ウイスキー
地域:アイラ島南東部【地図はコチラ
設立:1815年
現所有者:モエヘネシー・ルイヴィトン社(グレンモーレンジ社)
ブレンド銘柄:シーバスリーバル、バランタイン、BNJ(ベイリー・ニコル・ジャーヴィー) など
[テイスティング(OB-TEN 46%)]
香り:強いピーティーでスモーキー。 ピートの強さはアイラでも最も強い。しかし、その中にフルーティーさも感じる。
味:深みのあるピートの味。後味は海辺で感じる磯の香りのような、心地良い余韻が楽しめる。

2010年10月18日 8:29 PM | カテゴリー:アイラモルト, スコッチウイスキー

コメントをどうぞ。





カテゴリー

参考文献/WEBサイト

お気に入りリンク

アーカイブ

タグクラウド

SUNTORY Twitter whisky ういすきー うどん アイラ アイラモルト アメリカ アルコール ウイスキー グレーンウイスキー サントリー シングルモルト スコッチ スコットランド スペイサイド トリス ハイボール バランタイン バーボン バーボン樽 ビール ピート フロアモルティング ブログ ベンネヴィス ポットスチル モルト モルトウイスキー ラガヴーリン ラフロイグ ワイン 居酒屋 山崎 熟成 瓶詰め 発酵 福岡 糖化 風味 香り 香椎 麦芽