ボウモア 【BOWMORE】

◆ゲール語で「大きな岩礁」「大きな家」という意味を持つボウモアは、
「アイラモルトの女王」とも言われており、その特徴は、
アードベッグやラガヴーリンのようなヘビーな南部と、
カリラやブナハーブンのようなライトの北部の中間にあるアイラモルトの全体像を
知るのに一番最良な蒸留所と言われている。

華やかで切れがあり、スモーキーさとピート香がマッチした日本人にも合う一本。
(日本で売られているシングルモルトでは4位)

また、様々なタイプの種類が数多くリリースされており、ボウモアを飲むだけで、
アイラモルトの多くが分かるとも言われている。アイラ島最大の河川、ラーガン川の水を使用し、年間
160万リットルを生産する。1994年にサントリーに買収されるも、現在でもフロアモルティングを行うなど、
その製法を大事に受け継いでいるシングルモルトのひとつだ。

[コメントノート]

種類:シングルモルト・ウイスキー
地域:アイラ島中央部(インダール湾東岸)【地図はコチラ
設立:1779年
現所有者:サントリーホールディングス(モリソン・ボウモア社)
ブレンド銘柄:ロブロイ、アイラレジェンド、ブラックボトル
[テイスティング(OB-TEN 46%)]
香り:程良いピーティーさがあり、蜜にような甘い香りとレモンのような柑橘系の香り。
後から追いかけてくるような感じ。
味:ピーティーでスモーキーだが、そこまで重たくない味。
鼻に抜けるフルーティーさが、個人的には好きだ。

2010年10月18日 8:21 PM | カテゴリー:アイラモルト, スコッチウイスキー

コメントをどうぞ。





カテゴリー

参考文献/WEBサイト

お気に入りリンク

アーカイブ

タグクラウド

SUNTORY Twitter whisky ういすきー うどん アイラ アイラモルト アメリカ アルコール ウイスキー グレーンウイスキー サントリー シングルモルト スコッチ スコットランド スペイサイド トリス ハイボール バランタイン バーボン バーボン樽 ビール ピート フロアモルティング ブログ ベンネヴィス ポットスチル モルト モルトウイスキー ラガヴーリン ラフロイグ ワイン 居酒屋 山崎 熟成 瓶詰め 発酵 福岡 糖化 風味 香り 香椎 麦芽