ブルイックラディ 【BRUICHLADDICH】

◆ボウモア蒸留所からインダール湾をはさんだ対岸にあるブルイックラディ。
ゲール語で「海辺の丘の斜面」という意味だそうだ。

買収、閉鎖と色々な歴史を塗り重ねてきたブルイックラディだが、
2001年、元ボウモア蒸留所のブランドアンバサダーで、
現在はブルイックラディを仕切っているジム・マッキュワーン氏と
マグダビッド社によって立て押し、今に至る。

ブルイックラディでは、年間70万リットルを生産し、近年では、アイラ島に住む
地元の農家たちを説得し、大麦栽培にも着手している。マッキュワーン氏は、将来的には、モルトの世界にも
トレーサビリティを導入したいとのこと。他の蒸留所に比べ、建物も機材も決して新しいとは言えないが、
これまで世界中に愛され評されてきたアイラが生んだ銘酒に変わりはない。

[コメントノート]

種類:シングルモルト・ウイスキー
地域:アイラ島中西部(インダール湾西岸)【地図はコチラ
設立:1881年
現所有者:マーレイ・マグダビッド社
ブレンド銘柄:ブラックボトル、スコッツ・グレイ、グレン・フォイル など
[テイスティング(OB-16年A 46%)]
香り:ピーティーさやスモーキーさよりも、フルーティーの風味が強い。

ラムレーズンやリンゴのような香り。

味:口当たりはまろやかで柔らかい。コクがあり複雑な味わいだが、ドライでクリーンな味わい。

2010年10月18日 8:17 PM | カテゴリー:アイラモルト, スコッチウイスキー

コメントをどうぞ。





カテゴリー

参考文献/WEBサイト

お気に入りリンク

アーカイブ

タグクラウド

SUNTORY Twitter whisky ういすきー うどん アイラ アイラモルト アメリカ アルコール ウイスキー グレーンウイスキー サントリー シングルモルト スコッチ スコットランド スペイサイド トリス ハイボール バランタイン バーボン バーボン樽 ビール ピート フロアモルティング ブログ ベンネヴィス ポットスチル モルト モルトウイスキー ラガヴーリン ラフロイグ ワイン 居酒屋 山崎 熟成 瓶詰め 発酵 福岡 糖化 風味 香り 香椎 麦芽