コンセプトバーボン 【Concepy burbon】

バーボンウイスキーにおける新しい生産スタイルのひとつ。または、その総称。通常、一回のボトリングに何百という樽を使うのだが、10~20樽程度の厳選された樽をヴァッティングしたものを「スモールバッチ」や「ブティックバーボン」などと言う。また、シングルカスク同様、ひとつの樽からボトリングしたものを「シングルバレル」と言い、中でも、(イーグルズネストなどのような)良質なウイスキーにはナンバリングなどして付加価値を付けたウイスキーとして生産している。

前のページに戻る

2013年8月1日 6:29 PM | カテゴリー:ウイスキー辞典

イーグルズネスト 【Eagle’s nest】

バーボンウイスキーでの熟成の考え方のひとつ。熟成庫で最良の場所は、オープンリック式により早期熟成が可能なトタン屋根の下で温度が上がる限りなく屋根に近い場所であり、その屋根の下1~2段くらいの所のことを「鷲の巣(イーグルズネスト)」と呼ぶ。

前のページに戻る

6:26 PM | カテゴリー:ウイスキー辞典

オープンリック式 【Openrick】

バーボンウイスキーでの一般的な貯蔵方法。バーボンバレルを活かすために木製に3~4樽、7層建てくらいの、トータル20数段の樽を高層式の熟成方法。まだ石造りの熟成庫を使ってはいるが、現在は、殆どがこのオープンリック方式を採用している。

前のページに戻る

6:25 PM | カテゴリー:ウイスキー辞典

ビアウェル 【Beerwell】

バーボンウイスキーにおいて、発酵が終わったビア(モロミ)が蒸留の工程に移される途中に用意されている容器のこと。ウェルとは井戸という意味があり、連続式蒸留のバーボンはファーメンターから直接送るわけではなく、ビアウェルと呼ぶ巨大なステンレス製のタンク(ファーメンターより大きなもの)にモロミを貯め、連続式にポンプで蒸留器の上部から投入する。一度蒸留を始めると、連続的にモロミを供給しなければならないので、そのための供給容器のことを言う。

前のページに戻る

6:21 PM | カテゴリー:ウイスキー辞典

カテゴリー

参考文献/WEBサイト

お気に入りリンク

アーカイブ

タグクラウド

SUNTORY Twitter whisky ういすきー うどん アイラ アイラモルト アメリカ アルコール ウイスキー グレーンウイスキー サントリー シングルモルト スコッチ スコットランド スペイサイド トリス ハイボール バランタイン バーボン バーボン樽 ビール ピート フロアモルティング ブログ ベンネヴィス ポットスチル モルト モルトウイスキー ラガヴーリン ラフロイグ ワイン 居酒屋 山崎 熟成 瓶詰め 発酵 福岡 糖化 風味 香り 香椎 麦芽