インターミディエイトスチル 【Intermediate still】

現在はオーヘントッシャンのみとなったが、かつてはローランドモルト伝統の3回蒸留の際に、通常のウオッシュスチルとスピリットスチルの中間に行う2回目の蒸留釜のことを言う。初留釜をウオッシュスチル、再留釜をスピリットスチルに対し、インターミディエイトスチルのことを後留とも言う。

前のページに戻る

2013年6月18日 9:35 AM | カテゴリー:ウイスキー辞典

コメントをどうぞ。





カテゴリー

参考文献/WEBサイト

お気に入りリンク

アーカイブ

タグクラウド

SUNTORY Twitter whisky ういすきー うどん アイラ アイラモルト アメリカ アルコール ウイスキー グレーンウイスキー サントリー シングルモルト スコッチ スコットランド スペイサイド トリス ハイボール バランタイン バーボン バーボン樽 ビール ピート フロアモルティング ブログ ベンネヴィス ポットスチル モルト モルトウイスキー ラガヴーリン ラフロイグ ワイン 居酒屋 山崎 熟成 瓶詰め 発酵 福岡 糖化 風味 香り 香椎 麦芽