ローモンドスチル 【Lo,omd still】

ハイラム・ウォーカー社が開発した特殊なスチル。ネックの部分が円筒形をしていて、その中に3段の仕切り板があり、それぞれの仕切り板には無数の穴が開けられている。これは連続式蒸留器と似た仕組み。さらに、仕切り板そのものが回転してアルコール蒸気の流れをコントロールできたというが、現在は使用されていない。

前のページに戻る

2010年10月20日 8:31 PM | カテゴリー:ウイスキー辞典

コメントをどうぞ。





カテゴリー

参考文献/WEBサイト

お気に入りリンク

アーカイブ

タグクラウド

SUNTORY Twitter whisky ういすきー うどん アイラ アイラモルト アメリカ アルコール ウイスキー グレーンウイスキー サントリー シングルモルト スコッチ スコットランド スペイサイド トリス ハイボール バランタイン バーボン バーボン樽 ビール ピート フロアモルティング ブログ ベンネヴィス ポットスチル モルト モルトウイスキー ラガヴーリン ラフロイグ ワイン 居酒屋 山崎 熟成 瓶詰め 発酵 福岡 糖化 風味 香り 香椎 麦芽