【テイスティングノート】グレンファークラス105

グレンファークラス105は初めて飲みましたが、
とても重厚感のあるフルーティーさを帯びていて、
飲み口はどこかドライな感じがしました。
個人的に好きな味でしたね。

案外、ありそうで普通のバーにはなかなか置いていない
グレンファークラスのシリーズ(だと思っているの)ですが、
個人的に、この105の最も気に入ったのは
甘くまろやかなフィニッシュが長く続くところです。

ひとつは、カスクストレングスということもあるのでしょうが、
空いたグラスの残り香は、ある種の香水のようで、
価格も3,000円後半~4,000円くらいなので、
ゆっくりじっくり楽しむ方にはオススメできる1本でした。

私は基本的にシングルモルトを飲む時にはトワイスアップで何も食べないし、煙草も吸わない中で飲むのですが、これは、ビターなチョコや、たとえば、雰囲気でいけば、苦めのコーヒーのようなものをチェーサーとしても面白いのでは?と感じました。

みなさんはどうでしょうか。

ではでは。

【INFOMATION】
グレンファークラス公式サイト(英文)

2013年6月28日 8:58 AM | カテゴリー:ウイスキー, ブログ

コメントをどうぞ。





カテゴリー

参考文献/WEBサイト

お気に入りリンク

アーカイブ

タグクラウド

SUNTORY Twitter whisky ういすきー うどん アイラ アイラモルト アメリカ アルコール ウイスキー グレーンウイスキー サントリー シングルモルト スコッチ スコットランド スペイサイド トリス ハイボール バランタイン バーボン バーボン樽 ビール ピート フロアモルティング ブログ ベンネヴィス ポットスチル モルト モルトウイスキー ラガヴーリン ラフロイグ ワイン 居酒屋 山崎 熟成 瓶詰め 発酵 福岡 糖化 風味 香り 香椎 麦芽